So-net無料ブログ作成

▼ラノベとテクノを愛するfuwafuwaがノベルゲームを作っています。あと日常のことなども

                                                                                                                                                                                                  spfd-banner.png
「未来探偵ソラとピヨちゃん」本サイト作りました。体験版やあらすじ、ショップ委託やDL販売、イベント参加予定など、入手情報はこちらからご覧ください

☆おすすめ音楽 ブログトップ

今日はBGMの話題!(3月3日はTB303の日らしい?) [☆おすすめ音楽]

303.png
今日は3/3のひな祭りですが、DTMクラスタでTB303の日だーって盛り上がってたので、
今日はそのネタで記事でも。

TB303はテクノの基本のベースマシンで、ビューンビョーングニョグニョー!って音を出します。ベースマシンですが、ベースとしてではなくメロディー的に使われて、ぐにょぐにょいう音が魔術的なミニマリズムを醸し出して、とってもすてき。音を聞けば、あーこれかー!って誰もが聞き覚えのあるような音です。
↓こんな音
ハードフロアのオフィシャルPVhttp://www.youtube.com/watch?v=i3yqdhiEwME
一回くらいはどっかで聞いたことある・・はず!

このTB303作ったのは日本の浜松のメーカー(ローランド)です。TBの他にもTR808とかTR909とか、リズムマシンがあって、これさえ使っておけばテクノ!になるというすばらしい音源をリリースしてました。
(いや、順番的には逆で、デトロイトとか、世界中のアーティストが未来的な音楽を追い求めた結果、TBやTRが未来音楽のデフォルトというか、古典的基礎教養になったわけですが・・)
そんなわけで何を言いたいかというと、世界中の人々が思い描いた未来の音楽が、「日本の音」だったというところ。
サイバーパンクの古典的基礎教養「ニューロマンサー」に千葉市が出てきて、ウォースゲーってなったのと同様、
「日本は未来だった!」
という胸アツのお話でした。

ソラとピヨちゃんのBGMでも、TR808やTR909の音は結構使ってます。たとえば「ピヨちゃんのテーマ」のパーカッションの音はほとんどそれです。
(TR808やTR909でハットやタムやキックを刻んで、ファミコンふうの効果音を重ねてリズムを作ってます)
TR303はあんまり前面的に使ったことがなかったので・・いつかTB303メインの曲を作ってみたいですね!

ずっと前にupした「ピヨちゃんのテーマ」作りかけver


俺の妹がこんなに可愛いわけがないし、こんなにトランス好きなわけがない [☆おすすめ音楽]

(以前に書いててupするの忘れてた記事!)

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のイラスト描いてるかんざきひろさんが、すごいトランスアーティストでした・・。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9205429
1年以上前にニコニコで一位取ってるので、いまさらなのかもしれませんが、最近知ってすごくびっくりしました。
ぼくの大好きなタイプの曲です・・!

一時期ぼくはトランスにすごくはまってまして、一年の6割をarmin van buurenを聞いて過ごしていました。(あとの4割はアニソンとか、ハウスとかジャズとか)
armin van buurenが誰かというと、ヨーロッパのDJ人気ランキングで一位の人で、
ダッチとかユーフォリックとか呼ばれる、きれいでメロディアスな種類のトランスをかけるのがスタイルの人です。
そのわかりやすいスタイルから、コアな音楽オタからは馬鹿にされたりもするようですが、
それに対して、「みんなでハッピーになれるのがなにがいけないんだい?」みたいな返答をしてたりしてステキです。

で、かんざきさんですが、そのarmin van buurenのレーベルから曲をリリースしてました。
なんか日本人では唯一みたいです。
どうりでいい曲なわけです・・!
情報調べてて、すごくテンションが上がってしまい、思わずブログを書きたくなってしまったのでした。


かんざきさんのアルバム

Thirty

Thirty

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Otographic Music
  • 発売日: 2010/09/08
  • メディア: CD


arminのプレイが聞けるpodcast
(毎週DI.fmで2時間くらいのmixやってるのですが、それのダイジェスト版っぽい)
http://itunes.apple.com/podcast/a-state-trance-official-podcast/id260190086

arminのmixCD
(年に一度、yearmixという一年の総決算的なmixCD出すのですが、わりと詰め込んでて、DI.fmのプレイよりも一曲の長さが短め。最近のよりも、数年前のmixのほうがぼくは好きだったりします)

A State of Trance Year mix 2008

A State of Trance Year mix 2008

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Cloud 9 Holland
  • 発売日: 2009/02/17
  • メディア: CD



A State of Trance Year mix 2007

A State of Trance Year mix 2007

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Cloud 9 Holland
  • 発売日: 2007/12/25
  • メディア: CD



☆おすすめ音楽 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。