So-net無料ブログ作成
検索選択

▼ラノベとテクノを愛するfuwafuwaがノベルゲームを作っています。あと日常のことなども

                                                                                                                                                                                                  spfd-banner.png
「未来探偵ソラとピヨちゃん」本サイト作りました。体験版やあらすじ、ショップ委託やDL販売、イベント参加予定など、入手情報はこちらからご覧ください

コミティア112レポート&背景素材について [★同人ノウハウ]

遅くなりましたがコミティアレポートです。

スペースに来てくださった皆様、お話しさせていただいた皆様、ありがとうございましたー。
クラウドファンディング募金箱にもお気持ちを注入していただき、制作の励みとすることが出来ました、ありがとうございます!
スタッフロール用に書いていただいたお名前は、2重3重にバックアップを取って大切に保管しています!

また、新作体験版や、ゲームデザインの改良について悩みを抱えておりまして、多くの方にアドバイスを頂戴しました。ありがとうございます!おかげさまでかなりの光明が見えてきました。
ノベルゲームはシステムが出来上がっているので悩む必要はなかったのですが、推理システムを入れると、いままで考えたこともないゲームデザインという問題が出てくるのに気づきまして、目から鱗であります。


さて、今回はコミティア参加に合わせて、追加ミッションを持っていました。
背景素材用の写真撮影です。

ソラピヨにふさわしい未来っぽい写真を撮るため、翌日は朝5時から町を歩きました。
その甲斐あってよい写真が撮れました。いや、これは未来っぽくないですが・・。
うなぎパイカフェに来たソラ
ソラとピヨちゃん212.jpg

なお、背景素材用にするときには、観光で撮った写真とは違うアングルが必要です。
普通に「あ、このビルかっけー」と思って撮った写真は、カメラの角度が上を向いてたりするので、
そこに立ち絵を合わせると、人物の身長が高く見える、あるいは浮いているような感じになります。

・ビル目当ての写真に立ち絵を合わせた例
kuma23331.jpg

しかし立ち絵は真横からのアングルになるので、背景のほうも真横からのアングル(カメラを上や下に傾けない)にするといい感じになります。

・同じ場所を背景素材用のアングルで撮った例
anngurutesuto66.jpg

あと、カメラの高さは下げた方が自然になる感じがします。
つまり、通常のノベルゲームの場合、画面の中心には立ち絵の胸のあたりが来るので、
撮影者の前にいる人物の胸のあたりを撮るつもりで、カメラ高さを下げるとうまくいくようです。

果たしてホントに理論的に正しいのかはよくわかりません・・。
試行錯誤してたらこんな感じになってきました。

しかしあまりこの撮り方にこだわってると、背景に床の部分が多くなったり、大きな建物が描けなくなったりというデメリットもあるので、工夫も必要ですね・・。

ともあれ、普段から試行錯誤しておくと、旅行のついでに、背景用の写真も撮れるので楽しいのではないかと思います。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。